ナツイエ

わくわく と くつろぎの子どもの居場所

2019年のナツイエの取組み

ナツイエ 2019開催しました

 ナツイエ今年のテーマは「企画」


今年は参加申込の際に、子どもたちに「ナツイエでやりたいこと」を教えてもらいました。中でも、なわとび、木工、調理などが人気でした。それら3つは実際に今年のナツイエでもとりあげました。

ナツイエ は子どものやりたいを応援したい

ナツイエ は2016年から毎年夏の期間だけ流山に顔をだす、子どもたちの夏の居場所です。子ども達の小さなやりたいと言う気持ち、自分がやってみたいと言う気持ちを後押しする、そんな場所でありたいと思っています。


今年の応募では、アウトドア系(アスレチック、キャンプなど)はいろいろと考慮の上、今年は見送りに(涙)何らかの方法で実現したいとスタッフも考えているところです。

今年は去年に引き続きメイン会場として、流山市生涯学習センターを使わせていただきました。
調理として「カレー」をつくり、羊毛フェルトをつかってみんなで雲を作りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


ナツイエ恒例のTシャツ染め、プログラミング、なわとび、木工、そして、つくば宇宙センターへの遠足!


生涯学習センターの周りを通学路に見立てての、「危険箇所」発見、まち歩きもしました。「子どもは大人が思っているよりも周りを見ている」という言葉を実感しました!

今年はリピーターの子が半数ぐらいでした。ナツイエ、楽しい!と思って参加してくれることが本当にうれしいです。今年、初参加の子たちも初日はとまどいもあったものの、それそれの個性を出しながら仲間と過ごしていました。

個人個人の個性を理解しながら集団で1つのことを成し遂げる。それには、仲間同士のぶつかり合いもありましたが、それすら、糧にしていく子どもたちの力強さをみることができました。
また、来年もね!ぜったいね!といってくれる子どもたちにまた会いたい!と思うスタッフでした。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA